獨協埼玉中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
獨協埼玉中学校受験をする際に、獨協埼玉中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。獨協埼玉中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
45
1.3
スポンサーリンク

獨協埼玉中学校の評判

1980年 獨協学園により獨協埼玉高校設立
2001年 獨協埼玉中学校開校

本校教育の基本的方針「自ら考え、判断することのできる若者を育てる」は、言い換えれば、人間的にも社会的にもバランスのとれた若者に育てる教育ということです。

一方に偏った価値観しか持てない人間は近未来の目標に向かって、偏った教養を化学肥料のように施された促成栽培のように植えつけられる教育の結果として作られると考えます。

本校の教育方針は、効き目は遅くとも副作用のない有機肥料を与えられた植物のように、大地に大きくしっかり根を張った幹の太い若者に育って欲しいと願っています。

 

獨協埼玉中学校の教育方針

・思考力・想像力を育てる(帰納法的手段)
・ドイツ語の勉強会からスタートした獨協学園ですから、もちろん語学を重視
・日本人とネイティブスピーカーの授業を連携
・土曜日の午後や期末試験後・連休の狭間・夏休みなどを使って総合学習
・1年では正門前の田んぼでの稲作を中心として理科・社会・家庭科の総合的内容
・2年ではアメ横での職業体験などで、働くことの意義や大切さや大変さに触れる
・国内留学体験で日頃の英語の成果にさらに磨きをかける
・3年ではボランティア活動や大学での講義・実習をふまえて福祉について学習
・1時間の授業は45分にセットして、すべての授業で5分間のサポートタイムを設ける
・数学好き・理科好きを育てたい
・英・数の少人数授業
・10分間の朝学習を設ける
・朝学習の小テストなどで勉強不足の者は放課後の補習に呼ばれ(指名制)、追試などを受ける
・定期考査で理解できていない生徒は試験休み中に3日程度の補習を実施
・「オカワカメ壁面緑化」と「ビオトープ」が、2013夏こしがや緑のオアシス認定地に指定される
・保健の授業や外部講師を招いての薬物防止教室の開催
・AED講習会(5月中旬:中学2年生対象、11月中旬:高校2年生対象) ・献血(11月下旬)

スポンサーリンク

獨協埼玉中学校の過去問出題傾向

獨協埼玉中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
読解は論説文風随筆と短めの物語文の2題構成。配点の約20%が知識問題となっています。合格点を取るためには、この知識問題で確実に得点を稼ぐことがポイントです。 物語文では場面に対する理解が、随筆では筆者の考えに対する理解がそれぞれ問われてます。記述問題への幅広い対応力を身につけておくことが重要になります。

《算数》
計算問題と一行問題が合わせて7問、大問が3題の問題構成。前半の問題をミスせずに解くことができれば、合格ラインの6割に大きく近づきます。後半は途中式や解答の過程の記入が必要な問題が大半です。解き方の過程も採点の対象となり得るため、途中式や過程を簡潔にまとめる練習をしておきましょう。

《社会》
「日本地理」「日本歴史」「時事問題」の分野からの出題が多い傾向があります。特徴的なのが、「時事問題」です。近年かなり高い確率で出されているので、対策は必須です。大問1題の各分野で記述問題があります。難易度の高い問題ではないのですが、毎年出題されているので対策は必須です。

《理科》
大問4題で4分野からの出題。「生物と環境」「物質とエネルギー」「地球と宇宙」の分野からよく出題されます。選択肢・ことば・計算・記述・作図問題と様々な設問形式がバランス良く出題。例年、大問4題構成で、小問は40問前後となっています。試験時間は30分なので、試験時間内に全ての問題を解き終わるためにはかなりのスピードが必要です。計算問題では途中式や考え方が問われるので、途中式を飛ばさずに丁寧に解き進めていきましょう。

 

獨協埼玉中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 獨協埼玉中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

獨協埼玉中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報