成田高等学校付属中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
成田高等学校付属中学校受験をする際に、成田高等学校付属中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。成田高等学校付属中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
48
1.6
スポンサーリンク

成田高等学校付属中学校の評判

1887年 創立の成田英漢義塾が母体
1948年 成田中学校、成田高等女学校を統合して成田高等学校を開校
1967年 付属中学校を開校

建学の理念は成田山の宗教的使命の達成と地方文化の向上です。

これは自身の生活の充実を前提として、他者の幸福・社会の発展に寄与貢献し、同時に今の時代も考慮すれば伝統・文化を自ら身につけてそれらを世界に発信していくことだと考えます。

校章の葉牡丹は男子の高潔、女子の優雅を象徴し、このように品性高雅な人間の育成を目指します。

 

成田高等学校付属中学校の教育方針

・1~2年次では均等学級編成、3年次では習熟度別学級編成
・数学は中1・2で週5時間、3年で6時間に増加、英語は中1・2・3年ともに6時間に増加
・出張講義の実施、生徒面談、保護者面談及び三者面談を計画的に行い、進路相談や進路支援
・中学(国数英)では、希望者に対して特別講座を行っている
・インターネットによるウェブ学習システムとして「受験サプリ」を学校扱いでサポート
・全国規模の実力テスト、模擬試験等を各学年ともに三回以上実施
・中学1年生は夏休み中に林間学校を3泊4日で実施
・中学2年生は2月の中旬にスキー・スノーボード教室を4泊5日で実施
・中学3年生は11月に奈良・京都方面へ修学旅行を3泊4日で実施
・高校2年生になると、オーストラリアのゴールドコーストに4泊6日最後の修学旅行
・上野公園散策、お台場散策、鎌倉散策、横浜散策、筑波山登山など様々な校外学習実施
・希望者の語学研修として約2週間のカナダ語学研修を実施
・科学部、英語部、写真部、競技かるた部、バトン部、将棋同好会など多種な部活動

スポンサーリンク

成田高等学校付属中学校の過去問出題傾向

成田高等学校付属中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
説明文と物語文と言語事項(熟語、慣用句、対義語計10問)という出題構成。読解の解答形式は殆どが抜き出しか記号選択である。説明文では内容把握が、物語文では登場人物の心情が問われます。

《算数》
計算4問、一行問題5問、大問3題の問題構成。基本から標準レベルのオーソドックスな問題が中心。各領域での基本事項をしっかりと身につけていれば十分対応できます。後半は、応用問題が出題されます。場合の数、平面図形の移動・求積、規則性、旅人算などが頻出です。計算力を含めた基礎をしっかりと固め、問題演習をくり返しスピードもつけましょう。

《社会》
大問9題構成で、すべて記号選択か用語記述であった。計50問で配点はすべて2点。地形図は成田市のものが用いられた。いずれも基礎基本が中心となっていますが、設問数が多いので、すばやく解く練習をしておきましょう。公民では時事問題も出題されますので、日頃からニュースや新聞を読む習慣を付けましょう。

《理科》
大問8題で生物分野から1題、地学・物理・化学分野から各2題、時事問題1題の出題。生物分野は印旛沼の生物、地学分野は気象・天体、物理分野は電磁石・てこ、化学分野は二酸化炭素の発生・物質の状態変化が出題されました。基本的な問題が中心です。基礎知識は完璧に身につけましょう。

 

成田高等学校付属中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 成田高等学校付属中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

成田高等学校付属中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報