日本大学藤沢中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
日本大学藤沢中学校受験をする際に、日本大学藤沢中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。日本大学藤沢中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
49
1.9
スポンサーリンク

日本大学藤沢中学校の評判

1949年 日本大学農林高等学校として創立
1950年 日本大学藤沢高等学校と改称
2009年 日本大学藤沢中学校を開校

思想堅実にして、心身ともに健全な人材を育成することをモットーとし、知育・徳育・体育の調和を期して、自由の環境のうちに教育を行っています。

しかもその中から、穏健着実、中正不偏で進歩的な学風を樹立し、学生は自由創造の態度を堅持しています。

 

日本大学藤沢中学校の教育方針

・個性を意識したきめ細かい指導で、好奇心を刺激し基礎力を充実
・国語、数学、英語の授業数を増やしたカリキュラムを設定
・反復を繰り返し基礎学力の充実を目指す
・休み時間や放課後の個別対応などきめ細かい指導を第一
・習熟度別クラス編成も実施
・英検対策講座も開講、英検の準会場校であり、またTOEICR に関しても団体受検を実施
・中学時代の目標として、日本大学藤沢高等学校の特進クラス入学を目指す
・他人を思いやる気持ちと共に物事の本質への興味を育む人間教育
・夏休みや冬休みを利用して開催される特別授業は、基本的に全員参加
・漢検や数検も過去問題を授業に取り入れている他、希望に応じて対策講座等も開講
・「登下校お知らせシステム」を採用
・日本大学生物資源科学部に隣接するメリットを活かし、大学の施設や設備を用いた体験授業
・1年生では畑で整地から野菜収穫までを体験
・2年生では食品加工など畜産業についても体験
・2年次は7月下旬に3泊4日の林間学校、そして3年次は10月中旬に4泊5日の修学旅行
・中3から高2の希望者対象にオーストラリアで語学研修(2週間、約70名)を実施

スポンサーリンク

日本大学藤沢中学校の過去問出題傾向

日本大学藤沢中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
説明文と物語文の読解2題と言語問題(漢字の読み書き10問、部首、四字熟語、文法事項などに25点配点)という構成です。知識問題は漢字の部首、ことわざ・慣用句、文法と多彩な出題があります。長文は標準的な内容で、設問も記号選択、抜き出し中心で記述は少なめです。説明文では文脈と細部が、物語文では場面の状況と人物の気持ちが問われます。

《算数》
大問6問前後の設定で、Ⅰが計算、Ⅱが小問、以降が応用問題という構成です。小問は「特殊算」の出題が多いです。問題レベルを見極め、効率よく解き進めることが重要。各分野の基本事項をしっかりと固め、基本レベルの問題は確実に得点できるようにしておきたい。

《社会》
大問4題構成で、記述問題が4問出題された。地図やグラフを用いた問題が多いことが特徴です。用語記述は原則として漢字指定となっています。歴史は文章の正誤を問う選択肢が多く、正確な知識が要求されます。地元神奈川県に絡めた出題も見られます。時事問題も積極的に出題されますので、しっかり対策をしましょう。

《理科》
大問5題で4分野からの各1題の出題と小問集合1題の出題。生物分野は昆虫、地学分野は星の動き、物理分野は音、化学分野は中和反応が出題された。基本的な内容の問題で、設問は記号選択、語句の記入が中心ですが、計算問題も見られます

 

日本大学藤沢中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 日本大学藤沢中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

日本大学藤沢中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報