明法中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
明法中学校受験をする際に、明法中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。明法中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
40
1.5
スポンサーリンク

明法中学校の評判

1964年 学校法人明法学院が明法中学校・高等学校を創立

少人数小規模校だからできる信頼関係を基盤に、進化したシステムと熱い心が知徳体のバランスのとれた教育を推進し、質の高い人材を育成します。

また、本物に触れる学習と体験学習で、新しい時代に通用する確かな学び、コミュニケーション力、健やかな体を育て、未来を拓く力と意欲を養成します。

 

明法中学校の教育方針

・自律性と独創性を兼ね備えた「創造性豊かな人間の育成」
・国際社会の第一線でも活躍できる人間を育成
・複数の外国人教師による集中的な英会話指導を土台
・充実したオーケストラ指導やフィールドワーク
・研究旅行(中学)などの体験学習をとおして感性を磨き豊かな人間性を育む
・中3・高1では特別進学コース・総合進学コース制できめ細かな教育を展開
・音楽では本物のオーケストラ楽器を演奏、学年全体オーケストラの演奏が可能
・オーケストラ授業は専用の校舎「音楽棟」で行われ、
・理科では全員が自分で操作して体験する実験観察授業
・英語では少人数でのネイティブとの英会話レッスン
・中3で特別実験授業
・2人1組の少人数での実験、顕微鏡は一人1台3種類
・朝の10分間読書
・中1は2000ページ、中2は3000ページ、中3は4000ページ以上を読書目標として読書ノートを作成
・高校1年では8000字(原稿用紙20枚)以上の「論文」の作成に挑戦
・「学習道場」には専属の講師やチューターを配置し、その他に補習や講習
・夏休み・冬休み・春休みには、中学3年生と高校生に対して講習を用意
・学習に遅れがちな生徒には各教科で随時補習・「自主勉強会」
・難関大学を志望する生徒に対して「個別指導プロジェクト」を実施
・マラソン大会、スポーツ大会、百人一首大会など多彩
・経済的援助が必要な場合、独自の奨学金制度がある
・希望者を対象に、夏休みにオーストラリアで語学研修(約2週間)
・2014年4月より開設の「明法GE(グローバルエンデバーズ)」は、科学を通した人間教育を目指す

スポンサーリンク

明法中学校の過去問出題傾向

明法中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
試験時間50分、午後は40分、配点100点。国語は説明文と物語文の読解題の試験です。難易度は高くありません。解答形式は記号選択、適語補充、文章中の書き抜き、記述です。

《算数》
試験時間50分、午後は40分、配点100点。算数の入試問題は計算問題、小問の集合題、応用問題という構成になっています。応用問題では、速さや水量の問題、規則性、図形の問題が頻出です。難易度は高くありません。

《社会》
試験時間30分、配点60点、午後は75点。社会は大問4題程度で、各分野から基礎知識を試す問題が出題されています。解答形式は記号選択、適語記入が中心です。難易度は高くありませんが、時事問題なども出ますので普段からニュースを見るようにしましょう。

《理科》
試験時間30分、配点60点、午後は75点。理科は大問4題で、各分野から基本的な問題が出題されています。解答形式は記号選択、適語記入が中心です。奇問や難問は出題されません。

 

明法中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 明法中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

明法中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報