横浜英和女学院中学受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
横浜英和女学院中学校受験をする際に、横浜英和女学院中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。横浜英和女学院中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
47
1.8
スポンサーリンク

横浜英和女学院中学校の評判

1880年 ブリテン女学校として発足
1886年 横浜英和女学校に
1939年 成美学園と改称
1996年 横浜英和女学院に名称変更

毎朝、パイプオルガンの音色が響き渡るブリテンホールで、聖書の言葉に触れ、祈りを捧げつつ、自分のこれからの人生を心に描きます。

自分に与えられたmissionをキャリアという形で貫き、自立した充実した人生に向けて、今与えられた一日一日を真剣に生きていきます。

 

横浜英和女学院中学校の教育方針

・登下校時には、学校近辺の通学路において警備員が巡回、正門には警備員が常駐
・全生徒の飲料水、非常用食品3日分、寝袋、懐中電灯、ランタン、タオル等備蓄
・災害時トイレ・災害時の水の確保・ガラスの安全性
・“自立する”=キャリア教育、“隣人と共に生きる”=グローバル教育
・横浜英和女学院の一日は、心静かな礼拝から始まる
・毎朝、心を静めて聖書を読み、讃美歌を歌い、聖書のお話を聞く礼拝の時間
・週に1時間、聖書の授業
・修養会は各学年で行われ、2泊3日の宿泊行事
・6年間のキャリアプランニング
・国際交流でグローバルな視野を育む
・2期制、50分授業、週31時間
・正副担任制をとり、生活指導や進路指導
・英語は週6時間で習熟度別・少人数制授業
・外国人教師による英会話(週1時間)
・「土曜セミナー」(1講座80分)を実施
・国内研修旅行(3年次5月、広島・京都)
・イースター礼拝、創立記念礼拝、クリスマス礼拝
・総合学習と聖書は各学年週1時間
・オーストラリア・韓国にそれぞれ姉妹校あり
・安井奨学金は授業料相当額を1年分給付
・栄養豊かな完全給食が50年以上続いている

スポンサーリンク

横浜英和女学院中学校の過去問出題傾向

横浜英和女学院中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

横浜英和女学院中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 横浜英和女学院中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

横浜英和女学院中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報