横浜市立南高等学校附属中学受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
横浜市立南高等学校附属中学校受験をする際に、横浜市立南高等学校附属中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。横浜市立南高等学校附属中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
61
3.8
スポンサーリンク

横浜市立南高等学校附属中学校の評判

1954年 横浜市立港高等学校開校
2012年 横浜市立南高等学校附属中学校開校

横浜市立としては初めての併設型中高一貫校としてスタートしました。

横浜市立南高校がこれまで培ってきた歴史と伝統を基に、6年間の安定した環境の中で、計画的、継続的な教育活動を展開していきます。

「知性・自主自立・創造」を教育理念とし、一人ひとりの可能性を広げます。

 

横浜市立南高等学校附属中学校の教育方針

・学びへの飽くなき探求心を持つ人材の育成
・自ら考え、自ら行動する力の育成
・未来を切り拓く力の育成
・国際社会で活躍するリーダーの育成を目指す
・6年間の一貫教育で健全な心身をはぐくむ
・質の高い学習により、高い学力を習得できる
・生徒が互いに切磋琢磨し、常に活気に溢れている
・豊かな人間性を養う(自らを律する・他人との協調・思いやる気持ち・感動する心)
・体験学習を重視した教育活動
・バランスの良い学びの実現(5教科7~8科目のセンター試験を目指す)
・各教科で育成すべき学力を言語活動・コミュニケーション活動
・「私の週プラン」に基づいた家庭学習の推進
・テスト前の計画表の作成
・英語・数学を中心に計画的な補習の実施
・英語集中講座(5時間×3日間)を3年間全員受講
・英語科リスニングマラソン
・国語読書マラソン
・学力カルテに基づく学習状況の把握
・校長による全生徒との学習面談の実施
・イングリッシュキャンプ(3日間)を2年生で実施
・総合的な学習の時間(EGG)
・「数学・理科・英語」の授業を少人数授業・T.Tで展開
・土曜日や長期休業日を活用し、講師による発展的な特別講座や、教科の補習を開設
・中学卒業時に「卒業レポート」に取り組む

スポンサーリンク

横浜市立南高等学校附属中学校の過去問出題傾向

横浜市立南高等学校附属中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

横浜市立南高等学校附属中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 横浜市立南高等学校附属中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

横浜市立南高等学校附属中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報