横浜翠陵中学受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
横浜翠陵中学校受験をする際に、横浜翠陵中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。横浜翠陵中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
1.2
スポンサーリンク

横浜翠陵中学校の評判

1986年 横浜国際女学院翠陵高校開校
1999年 横浜国際女学院翠陵高校との中高一貫校として開校
2011年 現校名に改称、共学となる

翠陵の教育目標は、校訓として掲げている「考えることのできる人」の育成です。

在学中、さまざまなことについてよく考え、しっかりと判断できる力を養い、責任を持って行動できる人に一歩一歩近づいていってほしいと願っています。

 

横浜翠陵中学校の教育方針

・「知りたい」→「わかった」→「できた」のプロセスの繰り返し
・数の科学・表現の科学・リンク授業
・他教科の先生が参加してくれるコラボレーション授業
・英語と数学の授業は、理解度に応じた習熟度別授業を実施
・英語の授業は20名程度の少人数で実施
・高校で開設する多種多様な特別講座。(文理コース)
・学習進度に合わせて個別演習ができるC&Lプログラム
・10分間を使って計算演習をするプログラム「モーマス」
・朝読書
・ドリカムコーナーにて、指名補習や長期の休みに生徒の要望に応えた補習
・個別の補習とは別に、全員必修の夏期講習を実施
・前期定期試験の直後に、生徒と担任による成績面談
・個別成績面談とは別に、年に2回(夏休み前・冬休み前)保護者を交えた三者面談
・自分自身をDUTの3局面から振り返り、毎日書きこむチャレンジノート
・3年次に英・数・国の特別講座「ブラッシュアップレッスン」を実施
・トレッキングキャンプ(5月)、芸術鑑賞会・職業体験(6月)、球技大会(9月)
・合唱コンクール(10月)、ウィンターキャンプ(2月)など
・高校進学時に中学3年間の成績優秀者は特待生となり、3年間の学費免除

スポンサーリンク

横浜翠陵中学校の過去問出題傾向

横浜翠陵中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

横浜翠陵中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 横浜翠陵中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

横浜翠陵中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報