横浜創英中学受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
横浜創英中学校受験をする際に、横浜創英中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。横浜創英中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
1.1
スポンサーリンク

横浜創英中学校の評判

1940年 京浜高等女学校開校
1987年 京浜横浜高校に名称変更
2002年 共学化に伴い横浜創英高校に名称変更
2003年 横浜創英中学校開校

1940年の開校以来、独自の伝統とアットホームな校風のもと、親身な教育実践を通して生徒一人ひとりに「考えて行動のできる人」の基盤となる、思考力・判断力・表現力の育成に努めています。

授業、特別活動、部活動等、学校生活の様々な場面で、「どうしなければならないか」生徒自身が考え、自ら判断し、行動する機会を多く作り、問題解決能力を育てる教育を実践しています。

 

横浜創英中学校の教育方針

・6年一貫教育で確かな学力と豊かな心を育てる
・男女共学で人間性と社会性を育てる
・独自の英語教育で「英会話力」を身につけ、国際人としての資質を育てる
・独自の教育プログラムで「考えて行動できる人」を育成
・3学期制、50分授業、週33時間
・英語・数学は習熟度別・少人数制授業を実践
・1年次は週3日、7時間目のEH(イングリッシュアワー・20分間)
・バトン部は、2013年の全国ダンスドリル選手権2位、バトントワリング全国大会金賞の実績
・体育祭は5月(非公開)、創英祭は9月(公開)
・校外学習、アドベンチャースクール(1年次)、関西歴史研修(2年次、京都・奈良、2泊3日)
・スポーツ大会(5月・11月)、スキー教室(12月、希望者)
・芸術鑑賞会(1月)、合唱コンクール(2月)
・夏期講座、春期講習
・期末試験後の3日間を使って、学習の振り返りと次学期の準備をする「学期末講習」
・中学一年生を対象に、実験・実習・研修などの体験学習「おもしろサイエンス」
・横浜研究・鎌倉研究
・3年次に行われるカナダ語学研修
・校舎の電力に太陽光発電システムを導入
・コンピュータ設備や大型プロジェクターを備えたSOEIホール(多目的ホール)
・入試の成績上位者に入学金などを免除する成績特待生制度がある

スポンサーリンク

横浜創英中学校の過去問出題傾向

横浜創英中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

横浜創英中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 横浜創英中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

横浜創英中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報