立正大学付属立正中学受験!偏差値・過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
立正大学付属立正中学校受験をする際に、立正大学付属立正中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。立正大学付属立正中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
35
1.3
スポンサーリンク

立正大学付属立正中学校の評判

1872年 日蓮宗宗教院を設立
1904年 日蓮宗大学林中等科開設
1947年 新制の立正中学校に改編
1994年 共学化
2013年 大田区西馬込に新校舎を開設移転

建学の精神「行学の二道」とは、修行と修学の二つの道を指します。つまり、学校で学んだこと(学)を、実際に行動で示すこと(行)のできる生徒を育てることが、本校の教育目標です。

中・高時代の6年間は、人生においてとても大切な時期。私たちは、一人ひとりを温かく見守り、また時には諭すことで、生徒の可能性を引き出していきます。

 

立正大学付属立正中学校の教育方針

・明るいあいさつの励行
・自ら学ぼうとする意欲を持たせる教育
・個性と思いやりの心と、自らを律することのできる精神力を持たせる教育
・30名程度の少人数クラス
・全教科で学習シラバスを設定
・数学は中学3年間、英語は2~6年生で習熟度別授業・分割授業
・希望進路が固まる5~6年生で開講する特別講座「グレード別選択講座」
・フォローアップ講習で個別指導に近い体制で、苦手・不得意科目の克服を目指す
・模擬試験を学力分析に活用
・ R-プログラムは、毎週1 時間のLHR、毎朝20分間のSHRを活用した多彩なプログラム
・夏期講座・冬期講座・春期講座[全学年対象/各長期休暇中に開講]
・本門寺御会式参拝などの宗教行事は必ず参加
・林間学校、房総旅行、弁論大会、スキー教室
・3年次の9月に関西方面への修学旅行(3泊4日)
・校内を「教室ゾーン」「体育ゾーン」「芸術ゾーン」「交流ゾーン」に分けてある
・各学年週1時間、宗教の時間があり、宗教行事も多く設ける
・中3から高2までの希望者を対象に、アメリカかイギリスの学校への短期留学を実施
・特待生は、入試成績、年間の成績が優秀な生徒が対象
・独自の奨学金制度(同心育英基金)もある

スポンサーリンク

立正大学付属立正中学校の過去問出題傾向

立正大学付属立正中学校に入るためには、問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
説明文1題に言語の問題が3題(同音異義・四字熟語・文法)という構成となっています。長文は短めで比較的分かりやすい説明文なので、ていねいに読み文脈を理解しましょう。指示語と語句の言い換えに関する設問が多く、解答形式は主に抜き出しか記号選択です。字数指定なしの記述(50字以上要する)も出題されることがあります。

《算数》
小問数は20問で、大部分は計算問題と一行問題の形式です。計算問題を訓練し、割合や比、速さ、平面図形、立体図形といった頻出単元の基礎事項をしっかり練習しておくことが必要です。ケアレスミスに注意して確実に得点しましょう。

《社会》
地理は日本の都道府県について、日本地図をもとに解く問題と世界遺産に関するもの。歴史は日本と外国との関わりと人物史。そのほか、時事問題も出題されます。例年、出題形式・内容など同じ傾向の問題が多いので、過去問で対策をとりましょう。

《理科》
大問4題で4分野から各1題ずつバランスよく出題されます。生物分野は小問集合、地学分野は火山と地震の正誤問題、物理分野は光、化学分野は溶解度が出題されました。基本的な内容の選択肢問題が中心ですので、基本事項を徹底的に繰り返し演習しましょう。

 

立正大学付属立正中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 立正大学付属立正中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

立正大学付属立正中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報