池田屋ランドセルにするか迷って評判・口コミ・失敗談



DSCN0960
池田屋ランドセルは、雨の日も風の日も、子供に寄り添い、学校生活をサポートし、子供の使い勝手を追求したランドセルです。

基本設計から素材の選択まで、職人の手による加工まで、スペシャリストを目指す専門店の総力を結集した子供思いのランドセルを作っています。

スポンサーリンク

池田屋ランドセルの特徴

ランドセルのデザイン

シンプルなデザインがその実力を証明しています。存在感のあるしっかりしたランドセルの6つのこだわり!
  1. ランドセルに刺繍をしない
  2. 子供の成長に合わせた好みに簡単にドレスアップできる
  3. すっきりシンプルに見せる工夫
  4. 池田屋独自のシックなカラーリング
  5. 型押しイニシャルで自分だけの特別感
  6. 入学から卒業まできれいな形を保つデザイン
 

ランドセルの耐久性

放り投げたり、ぶつけたり、踏んづけたりと手荒な扱いをされても負けない7つの強さ!
  1. つぶれにくい独自フレーム
  2. 3種類の樹脂板で型くずれを防ぐ
  3. 金属よりも強いナイロン樹脂を使用
  4. 素材を使い分けることで強さと軽さを両立
  5. 強くてフィット感の高い牛革ベルト
  6. ベルトの裏生地も妥協していない独自構造
  7. 3本ステッチの肩ベルトで強くて丈夫
 

6年間の無料修理の内容がスゴイ!

  1. 故意に壊しても無料修理!
  2. 保証書を無くしても無料修理!
  3. 修理不能な場合は無料交換!
  4. 来店できない場合、往復送料池田屋負担!
無料修理の内容はいいですよね。

他のランドセルメーカーは故意による故障は修理対象が多いですから。

スポンサーリンク

失敗しないランドセルの11の選び方

池田屋ランドセルが刺繍を入れていない3つの理由

1.縫い目から入ってくる水を防ぐ
2.素材の強度を保つために縫い穴を他よりも小さくして強度を保つ
3.子供の成長を考えてデザインはシンプルが一番

実際にランドセルを背負ってフィット感を確認する理由

4.ランドセルの重みを支えるベルトと肩のフィット感がポイント
5.背中の隙間が無いことで、違和感なく背負える

大マチ12cm、小マチ4.5cmの収納力を確保する理由

6.空いたスペースを有効活用して収納できる
7.給食袋、上履き、体操服など月曜日の大荷物もランドセルに収まる
8.6時間授業でもランドセルに全て入る大容量

絶対に必要、あって当然というのは大きな間違いな理由

9.必要ない時間割ポケット、使うのは1年生の時だけ
10.かぶせ裏の時間割ポケットは、クリア部分が割れる、時間割表がボロボロになるデメリット
11.かぶせはしなやかで強いソフト

 

池田屋ランドセルの目安価格(税抜)

特注クラリーノ・・・39,000円~47,500円
特注防水牛革・・・48,000円~59,500円
コードバン・牛革・・・80,000円
特注防水牛革シワ加工・・・55,500円~59,500円
特注防水牛革・・・59,500円
クラリーノF・・・34,000円

 

先輩ママから聞いた失敗談

12月から2月頃になるとランドセルがアウトレット価格で安くなります。そこまで待って買おうと思っていました。女の子なのでワインレッドが欲しいと思っていたのですが、人気色だったため、売り切れてしまい、子供が欲しい色ではない色のランドセルを購入することに。子供の悲しいかをが忘れられません。

下の子の時には、喜ぶように予約してあげます。

安く抑えたいと思う親の気持ちと、子供の心は裏腹ですよね。でも、使うのは子供ですから、子供が喜ぶ対応を親がしてあげないと後悔しちゃいますね。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報