自由研究参考サイト!電気・精密機器のサイトあった役立ち情報



2710
自由研究テーマの参考になるサイトが多くあります。

大手電機メーカーや精密機器を製造している会社のホームページにあった、科学に関する情報が満載でした。どうやって作られているのか、不思議に思っていることが分かるかもしれません。

電化製品は、家のあちこちにあるものです。その仕組みを学ぶことが出来ます、楽しく学べるようになっています。

生活の中でよく使われているもので、「これどうなっているんだろう?」と疑問に思っていることを、自由研究のテーマにすると、みんなが興味をひく課題提出になると思います。

スポンサーリンク

自由研究に役立つ電機・精密機器会社の20のキッズページ

シャープのみんなでECOファン・・・小学校環境教育、小学校のものづくり教育などに関する情報や普段の生活や学校でのECOに関することを学べます。リンク切れしています(http://www.sharp-eco-fan.jp/)

富士通キッズ・・・科学や環境問題、パソコンやユニバーサルデザインなどのことや子供向けイベントのお知らせも確認することができます。

日立キッズ・・・電気や水道、交通など、普段の暮らしを支えている技術やしくみをいろいろな世界で一緒に楽しく学ぶことができます。

東芝未来科学館・・・先進技術を使った暮らしになったヒストリーや子供たちが科学技術を楽しく学ぶことができます。実際に足を運び体感するのもいいですね。

しばうら自然観察図鑑・・・東芝本社に面した場所に運河、広々とした芝生広場、様々な植物や動物たちがいることを知れる自然観察サイトです。

三菱電機のエコのわくせい・・・お仕事にまつわる自由研究テーマがたくさんあり、つきたいお仕事を調べてみると、自由研究テーマが見つかるサイトです。

パナソニックキッズスクール・・・ペーパークラフト、松下幸之助物語、ハイブリット工作教室、算数トレーニング、タイムマシン作戦など子供が楽しみながら学ぶことができます。

パナソニックの電気なるほどアカデミー・・・電池に関する基礎知識、歴史、しくみ、選び方、使い方などの役立ち情報を知ることができます。

パイオニアのマンガかんきょう玉手箱・・・環境問題についてのことをマンガで分かりやすく、子供の視点から説明してくれています。

パイオニアのマンガ技術玉手箱・・・身近な家電の仕組みを知ることができます。スピーカー、コンピュータ、電波、デジタル通信、きれいな画面など分かりやすく学べます。

スポンサーリンク


ダイキンの空気の学校・・・エアコンがどうやって部屋を涼しくしているのか、空気についての疑問、環境問題など子供の疑問を解決してくれます。大人でも納得の情報が満載です。

子供LED教室・・・LEDの基礎知識、白熱灯の歴史、LEDの仕組みと歴史を学ぶことができます。

村田製作所のエレきっず学園・・・村田製作所の仕事の見学、電子部品のはたらき、工具の使い方や電子工作もていねいに説明されているので工作にチャレンジして自由研究テーマにしてもいいですね。

ヤマハの楽器解体全書・・・見たことのある楽器から、知らない楽器まで紹介されていて、それぞれの楽器の仕組みや吹き方、選び方、お手入れ方法まで知ることができるので、吹奏楽部の人におすすめ。

キャノンサイエンスラボ・キッズ・・・子供の身の回りにある光に関する、いろいろな不思議や出来事に関して、自然や科学の面白さを動画や実験を通して感じることができます。

リコー・サイエンスキャラバン・・・リコーの製品や技術を応用した科学実験プログラムを展開していて、子供からのコピーに関する質問がちょっと気になるコーナーです。

リコーのエコトゥデイ・・・様々な国での環境に関するストーリーをアニメーションで楽しみながら学べます。

ローム君の新・博物日記・・・昔ばなしを科学すると題して、夢・心・絆・自然・体・知恵の6つのキーワードから学ぶことができます。

カシオの電卓アイランド・・・電卓の歴史や不思議など、楽しく学んで、遊べるスポットがたくさんあり、数の博物館や数の偉人の神殿など楽しいコンテンツが揃っています。

時計について学ぼう・・・「時計の中はどのようになっているのか」、「時計はどのような仕組みで動いているのか」など、興味深い最新の技術について学ぶことができます。

最後に・・・

家電や精密機器は生活の身近なところにたくさんあることを学ぶとともに、その仕事内容や環境保護への取り組みについて学べます。

より詳しく知りたいとか、生活への影響と様々な取り組みを学ぶことができるサイトばかりです。どんなことをしているのか学ぶ良い機会になると思います。

もちろん、それぞれのサイト情報は子どもにも分かりやすくなっていますし、漢字にもふりがなが振られていますので、子どもが一人でも読むことができます。

内容を上手にまとめて自由研究テーマにすると、いい課題になりますよ。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報