小学5、6年生の塾の選び方



219 小学5、6年生の塾の選び方

小学5・6年生になりラストスパートの時期になります。中学受験合格だけではないと思いますが、志望校合格することができるのが一番です。しかし、結果が伴わなかった場合でも良い経験をしたということを残してあげたいと思います。

長い間、中学受験に取り組んできた子供の成績に親も一喜一憂することが大いにあります。その結果が悪いと子供を叱ることもありますが、子供の不安や焦りを感じているのです。理想の結果や学習状況に届いていなくても理想の5~6割で見てあげた方が良いと思います。親は客観的にそして冷静に対応することが大切だと思います。

スポンサーリンク

難関校を志望する子供
これから大手進学塾に通うのであればサポート重視の塾を難関校や超難関中学の受験を考えて小学高学年から塾に通う場合には、いままで基礎学習に加え、ハイレベルな問題への勉強を積んできた子供であれば、3年生位から中学受験の勉強をしている子どもと一緒に競い合いながら受験の準備ができると思います。それでも、習っていない学習などについての塾のフォローがないと分からないまま、受験を迎えることになりますので、これからの受験に備えた塾を選びましょう。
学力に合った志望校の選択
受験に足りない学習部分を補うための勉強法周りの友達に影響され受験を考え始める子どもや親が多い時期になります。公文や学研などのプリント学習塾や通信教育で学習をしてきた子供が進学塾に入ってきます。今まで、取り組んできた勉強と受験に向けた勉強は違います。先生と個別に相談でき、個別でのカリキュラム対策を取ってくれる個別指導塾や家庭教師など、中学受験を個別で指導してくれるような対策が必要となります。自分に合った勉強法で短期間でも志望校に合格できるスキルを身につけることも可能です。
受験はしないが自宅学習を行いたい
小学校の補習だけでなく中学での勉強の準備もこの時期に公立中学へ行くための準備は、今後必ず子供が遭遇する高校受験があります。まだ先と思っているかも知れませんが、高校受験には内申点が大切になってきます。そのため、苦手科目の克服と中学の授業の先取り学習ができる塾やテキストを使って対応していくことが重要になる学年になります。
スポンサーリンク

体験談

小学5年生から受験を考え始めた

お友達に影響され受験をしたいと大手進学塾に通い始めた子供。受験に向けて宿題やテスト勉強などの量が多いのと、クラスの先生とのコミュニケーションが上手く行かずに苦労していましたが、塾に通い始めてからは、周りの友達に影響され集中力と粘り強さが身についたと思います。そして、規則正しい生活を送れるようになりました。ただ夜、寝るのは遅いですが・・・

短期間での受験対策の準備

今までは受験については考えていませんでした。小さい頃から体を動かすのが好きでスポーツを習っていますが、公立中学ではなくもっと強い私立中学へ行く友達に影響されたようです。今までは通信教育で学習をしていましたが、今までの習い事も続けながら受験勉強ができる個別指導塾に通い、1つ1つ課題をクリアして合格することができました。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報