小学1、2年生の塾の選び方



199 小学1、2年生の塾の選び方

低学年でまだ余裕があるうちに子供の興味を広げていき、学習環境を身に付けることが必要となります。また、子どもの興味がどこにあるのか?いろいろと探せる時期でもあります。

この頃の子供の吸収力はすごく、たくさんの選択肢を試してみて子供に合ったものを見つけてあげる良い時期です。良い親子関係を作りながら勉強嫌いにならないように詰め込み過ぎないようにして、子供に良い経験と体験をさせてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

難関校を志望する子供
体験ができる塾などで実際に経験することができる塾がおすすめ難関校対策のクラスを低学年から設けている大手進学塾もありますので、入塾させることも良いと思います。しかし、実際に経験してきたことからいうと、低学年のときには体験できたり、理科実験や空間認識、読解力、速聴などいろんなことを体験させてあげることで興味を惹き、学習への意欲を与えることが良いと思います。中学受験には分析する知識が問われますので、様々な資料から必要な情報を見つけ出すスキルを身につけておくと進学塾に通い始めてからも成績は伸びていくと思います。
中学受験はまだ考えていないが良い教育環境を準備したい
基礎学力と学習習慣で受験をする場合に備えたい低学年の小さい頃から進学塾に通うのは経済的な負担も大きく、子供に何が適しているのか分からないというのであれば、この時期に子供が興味のあることを体験させてあげることが知的能力の発達に繋がります。国語や算数などの1つの科目だけを塾で習う方法で学習習慣を身につけ、中学受験を考えるときに困らないようにしておきましょう。
受験はしないが自宅学習を行いたい
市販のテキストを活用したプリント学習や通信教育を活用公文・学研などのプリント学習を活用すれば親の負担は少ないです。通信教育や市販の教材を活用するのであれば、勉強の確認を親がすることになります。子供の成長を感じながら親子で達成感を味わうことができます。働いている家庭にはこの自主学習は難しいと思います。
スポンサーリンク

体験談


  • プリント学習に取り組んだ低学年
    プリント学習塾に通うことで、勉強の基礎学力の定着と子供自らが勉強に取り組む姿勢を身に付けることができました。学校の宿題も自分できちんと行い、分からないことを自分から確認することができるようになりました。
  • 進学塾に通う低学年
    良く低学年から進学塾に通わせるのは早いと周りのママからは言われました。勉強する環境や周りの子供の影響で子供自身が中学受験に向けた意識をきちんと持てるようになったことはとても良い結果になりました。それに、低学年のうちは進学塾も学習の楽しさを中心にした内容の授業で子供は塾に行くのが楽しみになっていました。

スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

新着情報