1学期始業式の日程と授業の時間割・持ち物を確認しましょう



1453-0
1学期の始業式の日には、少し早めに行きましょう。

1学期の始業式は、登校すると新学年の新しいクラスの名簿が発表されます。

子どもたちは進級した新しいクラスごとにわかれて始業式の開始を待つことになります。そのため時間ギリギリに登校して慌てないでいいように、普段より10分程度余裕をもって登校しましょう。

1学期の始業式の日程と授業の時間割、持ち物を確認してみましょう。

1学期、2学期、3学期の始業式の日程と時間を確認するなら・・・

スポンサーリンク

1学期の始業式

4月7日(月)が1学期の始業式です。

【時間割】
時間割 時間 授業内容
朝の会 8:30~8:40 朝の会
朝読タイム 8:40~8:55 朝読タイム
1時間目 8:55~9:40 クラス替え
2時間目 9:45~10:30 赴任式・始業式
3時間目 10:50~11:35 学級開き:自己紹介
4時間目 11:40~12:25 学級活動:各学年の始まりについて
始業式の時間は、9:45から10:30までですが、4時限目までしっかりと授業があります。給食はありません。

始業式の日の持ち物を事前にお子さんと一緒に確認しておきましょう。必ず必要なのは、上ぐつと連絡帳です。

始業式のあと、教室の大掃除をする学校もありますので、雑巾を用意するところもあります。ハサミやのり、色鉛筆やクレヨンなどのお道具セットも必要です。補充が必要かどうか事前に確認しましょう。

学年によっては、絵の具セット、お習字セット、裁縫セット、彫刻刀、リコーダーなどの準備もしておきましょう。

スポンサーリンク

1学期始業式の様子

学校の校庭の桜が満開の始業式当日。春休みを終えて、リフレッシュした子供たちが元気に登校していきます。

新しいクラス、新しい友だちと新しい先生が決まり、お互いに初対面の少し緊張感のある中で、新学年の始業式に望む子供たちの顔に「やってやるぞ」という勢いのある顔をしています。

子供たちのキラキラ輝く輝く瞳の中には、新学年としての学習や生活に向けての期待や希望が溢れています。

1学年進級することで、新しい知識や見聞を広げるチャンスが増えます。

先生方とも協力して、1年かけて、友達を大切にして、いじめがなく、元気いっぱい、笑顔いっぱいの学校生活を送ってくれることでしょう。

始業式も授業のひとつ

始業式が始まりに、学校に連絡もなく欠席している生徒がいました。

先生が自宅に連絡して、留守を預かっているおばあさんに尋ねると、学校へ事前に連絡なしに家族で旅行に行っているとのことで休むとのことだったみたいです。

欠席するときは必ず学校に連絡を

教育内容と教育過程の指針を記した学習指導要領において、始業式や終業式はあくまでも「特別活動」のなかの「儀式的行事」に分類される教育過程の一つです。

教科としての学習がない始業式や終業式の日も、学校において教育を受けることができる日なのですから、お休みすると当然欠席扱いになります。

健康上の理由でも、家庭の事情等でお休みする場合でも、必ず学校に連絡をしましょう。

無断で欠席されると、学校側は何か登校途中で事件や事故に巻き込まれたのではないかと心配します。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報